PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第32回 「きらり夢ファイル」

城下町・村上で受け継がれてきた和菓子。ここには、地元の誇る食材が使われてきた。そして今、“小豆”も村上産にこだわり、和菓子を作る。日下拓35歳。

≪和菓子を通して、地元が元気になって欲しい。みんなに喜んでもらいたい。それが自分自身の課題だ。≫
村上市で、200年以上続く老舗和菓子店。11代目の拓は、村上で穫れた小豆『ときあかり』を店の商品に使っている。7歳から“家を継ぐ”と決め、世界各地を旅したり県外の和菓子店を見た。そして帰郷。1つの夢を掲げた。

≪和菓子は“小さい日本文化”。もともとその地域でとれたものでお菓子を作ってきたので、“地元の小豆”でお菓子を作ってみたい。≫
7年間探し求めて、ようやく、新潟でも育てやすい小豆『ときあかり』と出会った。去年、70歳のパートナーと栽培を開始。試行錯誤をしながら、収穫に成功した。今年は、色ツヤも味も、申し分ない。これから虫がつかないよう、一層、手間と時間をかける。農家・大田さん『集落で空いた畑がものすごく出てきて、それを耕作に復旧させるために始めた。今後も自分なりに小豆の栽培方法を研究していきたい。』さらに拓には、これから作りたい和菓子がある。朝日連峰の麓の集落で作り継がれてきた餅米『黒黄金餅』と小豆『ときあかり』を使った“越後流さくら餅”。年末、発売だ。

≪農家の大田さんが一生懸命いい小豆を作ってくれるので、自分も負けないように美味しいあんこを作りたい!和菓子も、小豆も、もっといいものが出来る、もっともっといいものが出来る。そういう“思い”を諦めずに、これからも続けていきたい。≫
故郷の未来に向かって、拓は和菓子を作る。


             「きらり夢ファイルより抜粋」
スポンサーサイト

| 小豆(ときあかり) | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakataya1793.blog76.fc2.com/tb.php/35-e9ab7ec9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。