2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第27回 「十三夜」

 九月中旬から続いた秋の長雨、秋霖(しゅうりん)が終わると、秋澄むや秋高しと呼ばれる青空の広がる季節となります。

 秋の澄んだ夜空に浮かぶ月を愛でる「月見の宴」は、万葉の昔から続く風習です。十五夜様とも云われる仲秋の名月は、中国から伝わりましたが、十三夜は中国にはない月見です。

 十三夜は名残りの月とも称され、仲秋の名月から一月遅れの、しかも満月の二日前という月で、今年は10月20日(水)となります。満月ばかりを讃えるのではなく、未完のもの不完全なものに、侘び寂びの心を感じ取るのは、日本人特有の美意識ではないでしょうか。
スポンサーサイト

| 小豆(ときあかり) | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。