2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第26回 「菊花節」

 残暑厳しく暑い日が続きますが、皆様方のお盆は如何でしたでしょうか?。菓子店にとっては、お盆のころが一年で最も忙しい日々であり、その後は休む間もなく九月九日の「重陽の節句」へと続きます。
 
 重陽の節句は、中国から伝わった五節句の一つで「菊花節」ともいい、陽(奇数)の最も大きい数字の「九」が重なる九月九日のことです。九という数字は、中国では古くから神聖視されており、日本の文化にも浸透していました。

 例えば、昔の時刻で「ここのつ」といえば午前零時と午後零時(正午)を表現していましたし、仏教の極楽浄土は九品浄土とも言います。結婚式の三三九度も、九を最高の徳を表す数字とする思想を受け継いでいます。

 平安時代には、重陽節に観菊の酒席が華やかに開かれていました。重陽の節句の前日、菊の花に綿を載せてその露をうつしとり、翌日にその綿で身体をふく行事や菊の花を杯に浮かべて酒を飲む「菊酒」は邪気をはらい長寿を保つとされるなど、貴族の間に広まっていました。菊の持つ生命力に少しでもあやかりたいという人々の願いがあったようです。

 江戸時代の文献には、さまざまな「菊酒」の作り方があります。菊を焼酎に数ヶ月も漬けることもありますが、せっかちな方には杯に注いだ日本酒に菊の花をはらりと浮かべるのが手っ取り早い楽しみ方のようです。
 
 また、こうした行事にちなんだのが「着せ綿」の菓子で、九月から十月ごろにかけて作ります。長寿を願う紅色の菊を渡し餡に小麦粉を混ぜて蒸し上げた「こなし」などで作り、山芋を蒸して砂糖を加え練り上げた白い上用餡のそぼろ綿に見立てて上部に載せます。
 紅白の対比が美しく、銘々皿にのせると大変かわいらしく、それでいて品格のある菓子です。


 様々な場面で、年中行事と和菓子との関わりはあります。歴史や風俗を感じながら、召し上がっていただくのも和菓子の楽しみ方のひとつです。
kisewata.jpg
スポンサーサイト

| 小豆(ときあかり) | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。