2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第23回 「山吹」

 山吹は晩春から初夏にかけて、鮮やかな黄色の花を咲かせる、バラ科の落葉低木です。

 山登りをした際に、谷川沿いの斜面に咲いている姿を見かけた方も多いと思います。

 昔々、醍醐天皇の皇子が蓑を借りに来た人に山吹の枝を折って与えたそうです。

 
 七重八重花は咲けども山吹の みのひとつだになきぞあやしき

 この歌には、上記の意味が込められています。

 和菓子は食べて美味しい、見て楽しいだけではなく。菓銘(お菓子の名前)を聞いて、耳で楽しむ事も出来ます。


 yamabuki2010.jpg


  
スポンサーサイト

| 小豆(ときあかり) | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。